ぺん太郎の株主優待 たんまりな日常

ぺん太郎が取得した株主優待を紹介するブログです 業務スーパーも好きです。買ったものを紹介します。 休日の朝はモーニングを求めて、いそいそとお出かけしています。 その他、日々の日常のこともあります。

開運習慣

神様は覆面レスラー

バイト先でぺん太郎は

先輩と呼ばれる立場になってきました。

最近、何か違和感。

ぺん太郎の新人のころと

教育の仕方が変わっていて

ぺん太郎の時は

『新しいことはやって学ぶ』だったけど

新人さんには

『新しいことは教えてから実践』みたいに

なっていることに

なんだかもやもやしていました。

新人さんに思うことはないけれど

教育係にはちと思うことがある。

ぺん太郎も同じように教育してもらえたら

無駄に怒られることなかったじゃん、って。


そんな時、全捨離の大王の言葉を

思い返すようにしています。

人生はブーメラン、ブーメランの法則

ぺん太郎が今までやってきたことが

ぺん太郎に返ってきただなんだ、って。


つまりは

気が付かなかっただけで

ぺん太郎が他の人に

もやもやされていたことを

やっちゃっていたんだ。

言葉や考え方を考え直してみたら

知らない内に他の人をいらいら

させちゃっていたんでしょう。


そんな風に考え方が

変わるようになりました。

とはいいつつも

やっぱりもやもやしちゃうから

ぺん太郎は日々心の中で

格闘をしている最中です。


そうしていると

またも大王の言葉の中で

『神様は覆面レスラー』という

今のぺん太郎にがつんと響くことを

耳にすることができました。


大王曰く

『神様はいつでも覆面レスラーのように

 悪役の顔をして現れる。

 なにげない日常にこそ

 神様は潜んでいる。

 理不尽なことがあった時

 どうしますか?

 どんな言葉を口にしますか?

 どんな表情をしますか?

 どんな態度をしますか?

 全部神様のテストです』


もうね、ぺん太郎

テスト落ちまくりですわ。

ダメだとわかっているけれど

ぐちぐちしちゃうんですね。


大王の素晴らしいトコロは

そんな人をダメとするじゃなくて

『今まで気が付かなかったけど

 気が付けただけ一歩進めた』って

ちょっと気持ちが変わったことで

良しとしてくれることです。


理不尽なことも受け入れて

笑顔で過ごして

最高の日々を過ごせば

最高の毎日になることを信じて

ぺん太郎は日々精進していきます。

人生はブーメラン、ブーメランの法則

全捨離の大王がおっしゃるには

人生はブーメランなんだそうです。

自分がやったこと、口にしたことは

ブーメランのように

いずれ、すべて自分に戻ってくるそうです。


優しくされると、優しくしたくなります。

文句ばっか言われると、文句をいいたくなります。

ブーメランの法則は当てはまりますね。

今降りかかる現象は

ぺん太郎が投げかけてきた結果でもあります。


そう考えると

ぺん太郎が口にした悪口は

ぺん太郎に悪口として戻ってくることになります。

逆にぺん太郎のした良い言葉は

ぺん太郎に良い言葉として

戻ってくることにもなります。


この法則を知ってから

ぺん太郎の意識が変わりました。

してもらうことばかり考えるのではなく

ぺん太郎が何ができるか考えて

実践していきたいと決意しました。


まずは毎日笑顔でいることにします。

いやなことがあっても笑顔でいれば

いつか笑顔が返ってくることになります。

だってぺん太郎

相手から笑顔で接してもらったら

めちゃうれしいから。

まず自分でしてもらってうれしいことを

実践してやってみようと決めました。

それがいつ戻ってくるのかは不明だけど

焦らずに続けていきたいと思います。

誰かに何か言われても、気にしない

ぺん太郎は仕事が続かない

たまに会う人に仕事の話をすると

『え?また変わったの?』

『簡単に辞めて。お気軽でいいね』

だいたいこの2つを言われます。

能天気なぺん太郎だけど

あまりにもそんなことを言われ続けると

悩んだり不安になったりします。


そんな時、ぺん太郎は

『たまに会うだけの人に何言われたっていいじゃん』

って、思うようにしています。

ぺん太郎の知らないところで

陰口言われても

ぺん太郎には関係ないんだから

悩むことなんて、まったく必要なしです。


ありもしないことで悩んでも仕方ないし

不安ばっかりでいらいらしても

心が疲れていくだけ。

だったら悩みや不安があっても

受け入れていけばいいんじゃないって。

だってぺん太郎が

転職ばかりなのは事実なんだもん。

事実は事実として受け入れていかなきゃ。


『え?また変わったの?』
  ↓
『そうなの。やりたいことが見つかって』

『簡単に辞めて。お気軽でいいね』
  ↓  
『家族に理解があるからありがたい』

って、答えるように決めました。

初めて言うときは

『こんなこと言って相手を怒らせないか?』

なんて考えて

どきどきだったけど

一回言ってしばえば、慣れたもの。

その内、繰り返すうちに

相手の反応も気にならなくなりました。

『怒るなら怒ればいいじゃん』くらいな

気持ちになってきました。

よくよく考えてみれば

相手もぺん太郎のこと

そんな真剣に考えていなくて

だた社交辞令程度の会話だから

ぺん太郎も重く受け止めなくてよかったんです。

『こんちにわ。今日も暑いですね』な感じです。


そんな風に考えだしたら

心も軽くなって

ぺん太郎、いつもにこにこできるようになりました。


ありがとうを言い続ける

大王(全捨離の櫻庭氏)の

師匠には小林正観氏がいらっしゃいます。

大王がちょういちょい正観氏の話をするから

ぺん太郎も気になって

調べてみることにしました。


小林正観氏は

長い間、宇宙法則を研究し続けてきた

学者でもあり、博士でもあり、著作家でもあります。

小林正観氏の著書の中に

ありがとうを言い続けると奇跡が起こる、との

一文がありました。



感情をこめなくてもよい

口にださなくてもよい

心の中で唱えるだけでもいいから

ありがとうを言い続ける。

2万5千回を過ぎると涙があふれだし

5万回こえると奇跡が起こる。

ただし不平、不満、愚痴を言うと

カウントはゼロになってしまう。


大王の師匠なら

ぺん太郎も実践するしかありません。

とはいっても、ぺん太郎はまだ途中です。

ありがとうを言っても

つい愚痴が出ちゃうんですよね。

ぺん太郎、まだ完了していません。

何回も何回もチャレンジしているけど

まだこの領域には達成できていません。


まだ終わってもいないのに

変化が出てきています。

ぺん太郎の心が変わってきました。

前だったら気に入らないことがあると

かっと文句が口に出てしまっていたのに

今じゃ、そんなこともあるよね、くらいの

気分の持ちようになりました。


愚痴や不満を言ってしまって

カウントがゼロになったって

何回も挑戦をして

あきらめずに、ありがとうを言い続けていけば

ぺん太郎もいつか

涙があふれだすようになるんだろうな。

その日が来るまで

ペン太郎はありがとうを言い続けます。

出すのが先、もらうのは後

全捨離について

基本の三つを紹介しました。

そして服はワンシーズンで服のこと

当たり前なトイレ掃除はマスト

パンツや靴下の消費期限は1カ月

臨時出費は相殺作業

玄関にはなにも置かないもあります。

今回は出すのか先、もらうのは後です。


全捨離もそうだし

まずは捨てる=出すから

スペースが余ります。

つまりは手放さないかぎり

新しいことは入ってきません。

手放すという行動そのものに執着している

その心を捨ててしまうのが

全捨離の根本だと思います。


片付けなくていいんです。

捨ててしまえばいいんです。

すると、その空いたスペースに

運気が入ってきます。


お金も同じです。

ないからといって使わなければ

もっていないと一緒のことです。

ぺん太郎は金額にしたら100円や

高くても500円くらいの

ちょっとしたプレゼントを

人に会うときには持っていくようにしています。

あまり高いとお返しとかになってしますので

ワンコインがちょうどいい感じと

ぺん太郎は学びました。


人のプレゼントするのって

意外と気持ちが良いものです。

プレゼントしたことによって

あとは良い運気が

回りまわってぺん太郎に戻ってくるのを

後は待つだけです。

ぶっちゃけ、待つのはつらいけど

出したら戻ってくるのを待つしかないです。


この戻ってくるのも

すぐには戻ってきません。

だけどぺん太郎はやり続けていきます。

だってぺん太郎

やるって心に決めたから!

フリーエリア
記事検索
プロフィール

ぺん太郎

山梨県在住、40代アルバイト主婦です。
いつもバイトを転々としています。
株主優待が大好きです。
業務スーパーも大好きです。
目標は優待で生活していくことです。

ブログ村
人気ブログランキング
楽天市場
楽天トラベル
楽天市場
フリーエリア
フリーエリア
楽天市場
フリーエリア
楽天市場